めずらしい洋風のベルモント公園

東京都足立区の環七通り梅島陸橋から住宅街を南西に抜けたところに、「ベルモント公園」という場所があります。ここは、足立区とオーストラリアの西オーストラリア州にあるベルモント市との姉妹都市提携のシンボルとして作られた、足立区内でもめずらしい洋風のもので、総面積は約13,000平方メートルほどあります。

園内は南エリアと北エリアの2つに大きく分かれており、南エリアにはオーストラリアの伝統工芸品などを展示したスペースをもつレンガ造りの瀟洒な陳列館を中心として、バラの小道や芝生広場、噴水のある池などがあり、ゆったりと散策できるようになっています。遊具などもあるため、子供連れの姿などもみられるところです。北エリアには、りっぱな藤棚やダスト広場などがあります。

陳列館では定期的に自然に親しむ講座やイベントなども開催されており、押し花や写真を使ったフォトフレームづくり、園内のスタンプラリー、クワガタの観察会などは人気となっています。